任意整理に債権者を追加することは?

複数の債権者からお金を借りているという場合、任意整理をする時には、全ての業者ではなく業者を選んで任意整理の手続きをすることが出来ます。
では、任意整理の手続と当初はするつもりはなかったが、後から追加したいとなった場合には、それは可能なのでしょうか。率直に言うと、追加することは手続き開始後でも可能です。これは、自己破産や個人再生などの手続きでは出来ませんので、注意が必要です。
なお、任意整理の手続きを弁護士などに依頼する場合には、業者の数によって費用が異なることがあります。そのため、交渉をする業者が途中で増えてしまうと、最初に提示された金額と費用が異なる場合がありますので、注意が必要です。任意整理とは複数の借入先があり、その一部に対して任意整理の手続を行うという場合には、万が一途中で手続きを行う業者が増えた場合についての費用についてもしっかりと確認し、契約時に交わす契約書にどの程度の費用が必要となるのかも明記してもらうようにすると、トラブルを防ぐことが出来ますし、安心して依頼することが出来るでしょう。
その他にも、手続きの途中や完済するまでに生活に変化があった等がある場合には、些細な事でも早めに相談するようにしましょう。最初は任意整理を検討していたけれど、失業などで収入が無くなった、病気を患ったなどの理由によって、借金の返済が出来なくなった場合には、自己破産などの手続きを選ぶことになるかもしれません。